思い出を手元に!写真を形にして残すおすすめの方法

フォトブックにして残す

写真を印刷するときに、フォトブックの形にして残してはいかがでしょうか。フォトブックとは、スマホやデジカメの画像から作成する写真集のことです。以前はプリントした写真をアルバムに貼ることが主流でしたが、デジタル化に伴って、パソコンなどでレイアウトし、写真集を印刷することが出来るようになりました。本の形になっているので、手に取りやすく、保管しやすいのが特徴です。また、人にプレゼントするにも便利です。フォトブックのサービスは各社から出ており、専用のアプリで作る方法や、ブラウザ上で編集して作成する方法等があります。簡単に作れるタイプや、レイアウトを自由に決められるタイプなど、様々なものが出ているので、自分にピッタリなものを選びましょう。

飾るもの、普段使う物などに加工する

いつもお気に入りの写真と過ごしたいという方には、普段使う物や飾るものなどに加工することをおすすめします。マグカップや布など、普段使う物に印刷することで、いつでも見ることが出来ます。世界で一つだけの物になるので、特別なプレゼントなどにも良いですね。イベントなどで使うTシャツに、お揃いの写真を印刷することも、イベントを盛り上げるのに一役買ってくれます。 また、大きく引き伸ばして印刷し、ポスターのように壁に飾るのもいい方法です。大好きな人や、綺麗な景色などを壁に貼っておくと、いつでも気分良く過ごせるでしょう。写真をプロのイラストレーターがイラストにしてくれるサービスなどもあります。これらのサービスは、Web上で簡単にデータ作成が出来ることが多いので、手軽に作成出来ます。